2012年01月01日

金龍辰年干支姿ボトル・お雑煮

V


あけまして、こんにちは!

今年もよろしくお願いします!


昨年というか、一昨年・・・いやそれ以前?から色々ありすぎて、

つい「魔」がさして(笑)?「金龍の辰年干支姿ボトル」を購入。

icon12玄関icon12に置いてみたicon21

金龍辰年干支姿ボトル・お雑煮

龍は伝説上の生き物で、その迫力から人々に隆盛運をもたらし、

昔から龍を象ったものに「魔除け・厄除け」の効果があり幸福も訪れると云われているicon14

金龍辰年干支姿ボトル・お雑煮

お昼は、「お雑煮」を食べたし、後はのんびりしているつもりだ・・・。

  


Posted by olive at 14:43Comments(3)山形の焼酎

2009年02月04日

爽金龍・かおり・東北芸術工科大学学生デザイン

気になっていた「爽金龍・かおり」を購入。

焼酎甲類51%(米)、焼酎乙類49%(米・麹)。

東北芸術工科大学学生がラベルをデザイン。


庄内米にこだわった米焼酎は、爽やかな香りと

旨みのある味わい。


爽金龍・かおり・東北芸術工科大学学生デザイン

山形の人気ブログ↓あなたは何位!?
にほんブログ村 地域生活ブログへにほんブログ村 地域生活ブログ 山形情報へ



  


Posted by olive at 20:36Comments(3)山形の焼酎

2007年09月30日

鳥海山in焼酎/焼酎「JAPAN」もみじの名所ボトル

宝酒造では、

「鳥海山」「釜石仙人峠」「栗駒山(2種)」「宮城鳴子峡」

「みちのくおとぎ街道」「田沢湖」「岳温泉」「奥入瀬渓流」「十和田湖」

の紅葉のデザインに取り入れた

“焼酎「JAPAN」もみじの名所ボトル”を9月18日(火)より
東北6県にて数量限定で発売している。


早速、「秋の鳥海山」のボトルを買ってみた。

というか、お店で見つけ見ていて楽しいのでつい買ってしまった。

というのも、ボトルの中に鳥海山の写真が入っているのだ。

焼酎越しに「秋の鳥海山」を眺める感じになる。


昔ユーミンの歌で

「ソーダ水の中を貨物船が通る~♪」という歌詞があったがそんな感じだ。

秋の鳥海山 焼酎「JAPAN」


宝酒造のHPを覗くと、焼酎「JAPAN」のいろんなボトルがあって楽しめる。

【宝酒造】焼酎
「JAPAN」ラベンダー
ボトル<富良野>20
゜ 700ml
ゴージャスな地域
限定焼酎ボトル!!
焼酎「JAPAN」
ゴールド<純金箔入>
復元・名古屋城
本丸御殿...
焼酎「JAPAN」
カラーボトル
6色アソートセット




  

Posted by olive at 11:56Comments(0)山形の焼酎

2007年08月19日

十四代焼酎

先日久しぶりに焼酎を飲む機会があって、

ちょっとネットで調べていたら、

十四代って日本酒だけかと思っていたら、十四代焼酎を発見した。


今年の春にANAの機内で焼酎の特集をやっていて、

焼酎ブームを予感させる内容だった。

その特集の中では、そば焼酎が注目視されていた。

そば焼酎を飲んでみたいと思っていながら、まだ飲めていない。


しかも、山形庄内酒田の焼酎といえば、

あの「ごどいも」を使った

ごどいも焼酎「飛島」がある。

これも飲んでみたいと思っていながら、まだ飲めていないので今後の課題だ(笑)。



さて、この十四代焼酎は、日本酒の高木酒造が造る「純米焼酎」だ。


焼酎は蒸留機の種類により下記の甲類と乙類の2種に分かれている。

■焼酎甲類→酎ハイ用にはこちらが適

基本的にはアルコールの風味のみで味覚の個性は薄い。

しかし、加水される水によって風味・口当たりが微妙に異なり、同じ甲類であっても

味に微妙な違いが現れている。一部には小麦・大麦など穀類を用いてある程度の

特徴的な風味を持つものも存在する。

参考商品・・・宝焼酎、純、ジンロ、樹氷、ピュアブルー等


■焼酎乙類(本格焼酎)→ ストレート、オンザロック、水割り、お湯割りに適

米、麦などを原料とし、単式蒸留器で蒸留して作る焼酎で、日本在来の伝統的な

酒類である。その焼酎そのものの風味味わいを楽しむのに適する。

参考商品・・・いいちこ、白波、白岳、二階堂等


もちろん、十四代焼酎(十四代 秘蔵 純米焼酎 720ml)は、焼酎乙類となる。

十四代 秘蔵 純米焼酎 720ml

十四代 秘蔵
 純米焼酎 720ml
山形県 高木酒造
十四代 秘蔵
純米焼酎 25度
 720ml 
山形県産地酒
「十四代黒縄」
大吟醸 720ml
“送料安”【大吟醸】
十四代 播州山田錦
(ばんしゅうやまだ
にしき)720ml
  

Posted by olive at 09:38Comments(3)山形の焼酎