2017年08月15日

ステーキプレート・とらっとりあ エンメエッセ・酒田市下安町2−8



少し早目に動いたはずなのに、お盆の外食は、どちらも混んでいる。

ようやく、13時に近づいた頃、ご飯にありつくことが出来た。

今回は、玄関先のボードにあった「ステーキプレート」をオーダー。

ステーキプレート・とらっとりあ エンメエッセ・酒田市下安町2−8

ステーキプレート・とらっとりあ エンメエッセ・酒田市下安町2−8


肉の大きさ(120~130g)といい、

焼き加減・カットの仕方(大きさ)といい、

付け合せのアスパラやズッキーニ・サラダに至るまで美味しいの一言!

ステーキプレート・とらっとりあ エンメエッセ・酒田市下安町2−8


スープは今回「?」というところだったが、それを遥かに上回る圧倒的な肉感。

大満足のお盆のランチだった。


とらっとりあ エンメエッセ
山形県酒田市下安町2−8
電話: 090-5395-8823



  


Posted by olive at 18:45Comments(0)ランチ系

2017年06月26日

庄内野菜と魚介のシチリア食堂・ベッダ シチリア(Bedda Sicilia)・8月までの期間限定店



シチリア島はイタリア半島のつま先部分にある地中海最大の島。

シチリア料理は、塩、オリーブオイル、ヴィネガー、ケイパー(ケッパー)、オレガノ、

また、魚の臭みを消すためのフィノッキというセロリに

似た甘い香り入りハーブがよく使われるという。


道すがら立ち寄ったら、既に駐車場は満杯だったりして、

今回はあらかじめ予約してのランチとした。

庄内野菜と魚介のシチリア食堂・ベッダ シチリア(Bedda Sicilia)・8月までの期間限定店


前菜は、自分で好きなものを皿に取ってくるスタイル。

メインは、パスタのみ、肉か魚のみ、パスタと肉か魚のコースの3パターンから選べる。

パスタは2種から選べるが今回は「シチリアペースト」をチョイス。

トマトソースで、アーモンド、バジル、ペコリーノチーズが使われている。

なかなかモチモチとしたパスタだ。

庄内野菜と魚介のシチリア食堂・ベッダ シチリア(Bedda Sicilia)・8月までの期間限定店


魚か肉か少し迷ったが今回は「庄内豚とちりめんキャベツのグリル」をチョイス。

ちりめんキャベツ自体食べたのも初めてだが、焼いて添えられていたそれは

カリカリ&ジューシーで面白い食感である。

庄内豚は、何度も食べてはいるが、脂身はほんのり甘く、

身の部分は密度が濃く食べごたえがある。

庄内野菜と魚介のシチリア食堂・ベッダ シチリア(Bedda Sicilia)・8月までの期間限定店

そして〆は「フランボワーズのセミフレッド」&「エスプレッソ」。

ランチにしてはゆったり2時間ほど寛ぎつつ食べることが出来た。

もう少しここに近ければ、夜に来店してワインと共に食事を楽しむんだけどな…icon12

庄内野菜と魚介のシチリア食堂・ベッダ シチリア(Bedda Sicilia)・8月までの期間限定店

庄内野菜と魚介のシチリア食堂・ベッダ シチリア(Bedda Sicilia)・8月までの期間限定店


今日も、ごっつぉさーん!

(8月までの期間限定店につき要注意。「延長を交渉中」オーナーシェフ談)


ベッダ シチリア(Bedda Sicilia)
鶴岡市羽黒町三ツ橋前田164
090-1808-3420
定休日:水曜日
日~木:11:30~14:30(L.O.14:00) 夜は予約のみ
金~土:11:30~14:30(L.O.14:00) 17:00~23:00(L.O.22:00)



  


Posted by olive at 05:46Comments(0)ランチ系

2015年11月08日

いそ浜・おにぎり


UW


数年前に「いそ浜」がお店を閉めたと思ったんだけど、

復活しているということを知らないでいた。

時々R7の店の前を通るものの車の駐車スペースが運転していると見えにくかったり、

減速して通るような道ではないので気がつかなかったicon10


13時近くに行くとほぼ完売に近いという状況で、

それでも、少し時間をくれれば握ってくれるという。

あるものを2つ、新たに握ってもらうのを2つ頼んだ。


イートインで、温かいうどんやそばと一緒に食べるというのもありだが、

家に戻って、インスタントのスープと一緒にいただくことに。


やはり、うまいface02

米ものものがまずうまい

今の時期だと新米だろうし、普段口にしている米より粒もひと回り大きいicon14

さらに、気がついたのは、作り置きより、握ってもらったものの方が、

美味しいということだ。

もし目当ての具のおにぎりがなかったら、

(時間が許せば)迷わず少し待っても握ってもらった方がいいと思う!


おにぎり・いそ浜


待っている間しばし店内をうろつきながら、

知る人ぞ知る「オヌマン(小沼正弥)」もここに来ていたのかとパシャリicon12


おにぎり・いそ浜


普段のランチはもとより、釣行や海水浴の腹ごしらえには、

変なものを食べるより断然「いそ浜」だ!

ということで、「いそ浜」が復活していたのは素直に嬉しいicon01



いそ浜・おにぎり
酒田市宮海村東125-3
0234-33-8145
7:30~19:00
定休日火曜日(祝・祭日は営業)



  

Posted by olive at 14:35Comments(0)ランチ系

2015年11月03日

定食・秋さけ焼・鮭のあら汁・味付けいくら・もって菊とほうれん草の胡麻和え・五郎兵衛食堂


UW


今日のお昼は、混んでいたり、休みだったりと、数件フラれて

困ったときは、ここしかない!ということで、

1年半ぶり位の「五郎兵衛食堂」icon12


秋さけ焼、あら汁、味付けいくらとのっけから豪華な布陣!

もって菊とほうれん草の胡麻和え…その他諸々hone

鮭を丸々買ってきて、捌くからこんな豪華な料理なのに、500円で出来るのだろう。

いくらドカンとご飯にノッけて一番最初にいただくicon23

結構手抜きしそうな、手前の漬物にしても、市販のものではない自分で漬けた独特の味。


おかずの量に負けてしまって、ご飯をついお代わりしてしまったicon10

よって、今日の晩飯は軽めに…face06


定食・秋さけ焼・鮭のあら汁・味付けいくら・もって菊とほうれん草の胡麻和え・五郎兵衛食堂


今日も、ごっつぉさーん!


五郎兵衛食堂
0234-22-1741
酒田市中町1-14-29
営業時間:データなし(結構長時間開いている)
定休日:データなし(元旦以外営業?)


  

Posted by olive at 21:42Comments(0)ランチ系

2015年10月26日

ガレットプレート(そば粉のクレープ)・風の森のログハウスカフェ オルファ


UW


R345は、あまり土地勘がなくて、

位置を入力すると、大山をスルーしそのまま南に進んで

R345に合流する道をナビが選んだ。


固定番号ではない電話番号から、東目という住所が頼りで、

番地まで入れたが情報がなく、大体の位置に案内されることに。


近くまでいくと、小さな看板があり、

ほどなく車が数台止まっている場所が見えて、迷うことなく到着。


飛び込みで入ってきたものの、食べたいものを食べるためには予約必要だったicon23

といっても、冬場11月24日~4月?日まではお店はお休みのようなので注意されたい。


目当てのオルファプレートは、入店した12:15には終了で、

ガレットプレート(そば粉のクレープ)にした。

以前のσ(^_^)なら、このチーズの香りが苦手なのだが、だいぶ免疫が出来てきたface06

えびキノコを具材にし、ホワイトソースチーズを包んで焼いた感じだ。

パンハーブライスか選べるのだが、今回はハーブライス(お代わり可)に。


ガレットプレート(そば粉のクレープ)・風の森のログハウスカフェ オルファ



今回は予約の方が多かったようで、お客さんの層としても年上の方が多いようだった。

食後のコーヒーを一杯頼み、周りのお客さんがひけるまで

のんびりと寛いだ時間を過ごすことができた。


ガレットプレート(そば粉のクレープ)・風の森のログハウスカフェ オルファ



風の森のログハウスカフェ オルファ
鶴岡市東目字河倉63-3
090-9030-1579
土・日・月・火曜の11:00〜16:00
※冬期休業



  

Posted by olive at 07:46Comments(0)ランチ系

2015年10月25日

ランチ・酒菜 うさぎ屋


UW


まちなかプレスvol.53(2015.10.2号)にのっていたので知ったんだけど、

ただの白ご飯のお店だったら、きっと足を運ばなかったと思う。

白米玄米かを選べるというので行ってみた。


量的には、女性ターゲットにしているのか、

男性としては、もう少し欲しいところだが、

ランチのセットの中に最後のコーヒーがあるので、

ガツガツ食べる定食屋と違って、店内のレトロな雰囲気と共に

のんびりとした時間を過ごせてよい。


いつもは、魚を選ぶところだが、入った瞬間σ(^_^)的には

リピートするなと思ったので、あえてを選択。

酒田の地酒を中心に日本酒もカウンター越しに見えて、

夜も家庭的な料理で美味しいお酒が飲めそうビール


携帯を車に忘れ、何故か一眼レフしか持っていなくて、

ピントが浅いけど、少し俯瞰して撮った写真をあげておこう…。


ランチ・酒菜 うさぎ屋


さて、今日のお昼はどこに行こうか?


酒菜 うさぎ屋
酒田市二番町1-3
0234-24-5130
11:30~14:30(なくなり次第終了)
17:30~23:00(L.O.22:00)
定休日日曜日、祝日





  

Posted by olive at 10:04Comments(2)ランチ系

2015年07月31日

さわのはな・磯菜(つる菜)のごま和え・上山の折鶴・クアオル ト




上山市が、まちづくりとしてキーワードにしているのがドイツの「クアオルト」

それと食との関連のお話を数ヶ月前に、お聞きする機会があった。

野菜ソムリエ折鶴の店主さんのお話する時間が半分位あって、

細かい内容は、レジュメのメモをみないと思い出せないが、

何とも面白い話で、ぜひ上山に来ることがあれば、

お店に食べにいらしてくださいということだった。


そんな流れで、突然上山のクアオル トという話になる。

聞き慣れない「クアオルト(〈ドイツ〉Kurort)」とは、

森林や温泉などの自然を利用して治療・養生を行う、長期滞在型の保養地のこと。

上山は、官民一体で、運動・食・自然・宿などの面から、それを目指している。


さて、初めて食べる「さわのはな」という米の品種自体よくわかっていないので、

調べてみると、

①現在は、一部の農家でしか作られていない(幻の米という表現も)

②収穫効率や精米率がよくないので、ササニシキなど他の品種に押されてしまった

③味はいいので生産者含めての根強いファンを持っている

3つほどの項目に集約される。


磯菜(つる菜)というのも、過去の記憶にないので、生まれて初めて食べたものと思う。

夏の葉物のない時期に重宝しているということで、

近郊の農家さんに頼んで作ってもらっているという話である。

クセもなく比較的歯ごたえがあり、プランターに栽培されているのを拝見すると、

野菜というよりは、雑草に近い感じだ。


今回オーダーしたのは、

他に自慢の「ごま豆腐」など、ご覧の通り品数の多い「お母さんのお勧め定食」icon12


さわのはな・磯菜(つる菜)のごま和え・上山の折鶴・クアオル ト



折鶴のメニューは、

JAL国際線・国内線機内誌「SKYWARD」などにも紹介されている。

それによると「魚以外はすべて半径5キロ以内で産した食材」

「地産地消」は当たり前で、「旬産旬消」を心がけているということだ。


デザートまで、しっかり手作り

当たり前なのかもしれないが、全て手料理

(実はそれが一番難しいし、実はそれが基本なんだけど、

すべて自分の手で作っているプロの料理人も多くないのも事実)

一皿の料理に南瓜も2種類使っていたりするので、

欲張りすぎ(頑張りすぎ)ではないかと思うのだが、

店主の性格からすると、まだプロトタイプなのかもしれない…face06


ハッキリ云ってしまうと、滅多に口に出来ないものを有難くいただくのではなく、

野菜ソムリエ的に、日常の食生活にそれをどう落とし込むかという「べき論」

それぞれの日々の食生活に持ち帰る「エッセンス」というものまで、

展開できたなら、プロトタイプでなくなるのかもしれない…face02


もしかすると、店主は店を切り盛りするというよりも、

教室などで色々教える方が好きなのかもしれないと思ったり…。


それにしても、「さわのはな」×「雑穀」のご飯となっているので、

(米の味、酒の味を楽しみたいσ(^_^)としては)

その本来の食味・米の味が分からないというのが残念である。


あまり一般に流通していない米で記憶に残っている「キヌヒカリ」と比べてみたい

そんな想いを反芻しながら、ハンドルを握っていた…



折鶴
023-673-6517
山形県上山市鶴脛町1-6-2
10:00~15:00
定休日:月曜日・火曜日


  

2015年03月29日

自然の食卓 なーりっしゅ 天然焼魚セット 鯛一郎 ヴィーガン クアオルト



あまり、お昼店選びで迷うことはないんだけど、

しばらくメニューを一通り読んでいたら、

初老の夫婦に追い越されてしまった…icon10


正確に云えば、先に初老の夫婦が入ったので勢いがついて、

それじゃ自分もと気分的に押されて階段を上がっていった感じだicon23


天然焼魚セットに目が行って、確かコマイサワラ鯛一郎というラインナップで、

一瞬全部少しずつなのかな?と思ったら、三択だったので、

聞いたことのない鯛一郎は何か?と聞いてみると、

養殖のブランド鯛らしいそれにした…。


ご飯も三分づきか、雑穀ごはんが選べるので、雑穀に。

有機とかオーガニックとはという言葉ではなく、自然食という言い回しだ。


最近あまり濃い味付けウチでもしていないにしても、

味噌汁といい、鯛の塩麹といい、σ(^_^)よりもほんのりした味付けだ。

日本人(特に東北人)は塩分を摂りすぎだとしばしば云われるが、

本来この程度が、ヘルシースタンダードなのかもしれない。


自然の食卓 なーりっしゅ 天然焼魚セット 鯛一郎


なーりっしゅのHPを見ると、ヴィーガン対応という表記がある。

ベジタリアンにも種類があって、

ヴィーガンとは卵も乳製品も食べない「純粋菜食主義者」のことだ。


最近は、健康食系の表現や食事の種類は色々あって、マクロビオティックとか、

肉を食べないという意味では、伝統的な日本の精進料理もそうだし、

野菜の皮や小魚の頭も食べる一物全体食という考え方や、

スローフード玄米菜食・自然食・粗食など、

食生活の乱れが病気につながることも少なくないことから、

だいぶ見直されてきているように感じる。


肉をあまり食べずに、野菜と魚中心にしただけでも、

明らかに身体の調子身体が軽い感覚になるし、便通も良くなってくるものだ。


とはいうものの、節約の槍玉にあげられるのが日々の買い物=食事なので、

安くて身体に負荷がかかる食品も食べずにはいられない、というのが現実だ。


一般的に食費は削るもので、レベルの違いはそれぞれあるものの、

それにりのヘルシーな食事にしようとしたら、食費に跳ね返ってくるし、手間暇もかかってくる。

ヘルシーな食事はある意味、時間のある人・手間暇をいとわない人の特権なのかもしれない。

誤解を恐れずに書くならば、賢い主婦(主夫)とは、

以前は食費を月幾ら以内に抑えられるという意味だったが、

現在は、まず栄養バランス食の保存食の周辺に照らし合わせ食材を選べる力があり、

加工する手間暇をいとわず、尚そこそこの食費に押さえられる人のことを云うのだと思う。


ある程度の味の濃さ(塩分)がないと、美味しいと感じてもらえない

それは、ラーメンにしても、こってり味の店が支持を多く集めているのを見れば一目瞭然

薄味営業をしていくと、お客様が離れてしまうという話も耳にするが、

そんな中、ほんのり薄味のヘルシーなお店が、今後は増えてくるのではないかと思う。

例えば、県内で云えば、かみのやま温泉クアオルトスタイルの食事のように…。


今日も、ごっつぉさーん!



自然の食卓 なーりっしゅ 駒込店
東京都豊島区駒込1-37-8 コーポ市川 2F
03-3944-8300
ランチ 11:30~14:30 (L.O.14::00)
ディナー 17:30~23:00 (L.O.22:00)
定休日:火・水曜日定休(年末年始休み)



  

Posted by olive at 08:33Comments(0)ランチ系

2015年03月10日

定食・ワンコイン500円・五郎兵衛食堂




20年ぶり位にこの店の「のれん」をくぐった。

店主?にいつから営業している?と聞いたら、

首をひねりながら、色々思いだすように、

昭和60年位には営業していたというが、

σ(^_^)はもう少し前からやっていたような気がする…(まぁいいけどface01)。



他の方のブログで久しぶりに見たり、

清水屋さんの抽選をしなくちゃいけなかったり、

春休みfutaba弁当が休みだったり、

色々な要因が重ならないと、中町まで出てきての昼飯icon28とはならない。



しかし、それにしても

今時、ワンコインで、こんなバランスのいい食事が食べられるのはありがたい。

ハタハタの汁hone、ほうれん草の胡麻和えfutaba、きんぴらごぼうfutaba、煮物、

かれいの焼き物(恐らく柳かれい)hone、卵焼き(もしくは納豆も選べる)、

長芋、おから、漬物futaba…。


味付けは、しっかり目のおふくろの味。


「めしのはんだや」という仙台を中心にしたチェーンの食堂があるが、

昔の「はんだや」をつい思い出してしまう。

最近の「はんだや」は、外観をスタイリッシュにしていて、

昔の風情がなくなってしまったような気もしなくもない…face06


コンビニ牛丼チェーンなどの色んなお店が増えてきた中、

昔と変わらないスタイルの食堂icon28

時代の荒波を超えてきた貫録を感じるし、

今後、食そのものが見直されてくるだろうという時代の流れを考えると、

今こそ注目のお店なんだと思うicon23


定食・ワンコイン500円・五郎兵衛食堂


五郎兵衛食堂
0234-22-1741
酒田市中町1-14-29
営業時間:データなし(結構長時間開いている)
定休日:データなし(元旦以外営業?)


  

Posted by olive at 06:59Comments(0)ランチ系

2015年02月22日

オムライス・CAFE+POM



昨日の昼間のごっつぉ!

CAFE+POMのオムライスicon28


少し前は、休みの日もお昼はササッと作っていたけど、

色々時間を逆算していくと、片付けが増えてしまって、結果出かける時間mezamashiが遅くなり、

午後にキツキツのスケジュールとなっていたので、

ここ最近は、休みの日は外で食べると決めているface06


で、今回も目当てのお店が混んでいて、

縁が薄かったCAFE+POMに再び引き寄せられてしまった…icon23


いつものデミグラスソースじゃなく、

ブロッコリーとベーコンのソースだと云うので、それにすることにicon28

今回は、席は一番奥。

何気に名前が不明なアジアンテイストな?楽器が置いてあったり、相変わらず小物が面白いface02

今回は「きのう何食べた?」というコミックを手に取った…。

漫画は、珍しいシチュエーションじゃないと面白くないんだと思うけど、

そんな典型的な感じで、食べ物(味・レシピ・価格)に執着するイケメン同性愛者の話だ(笑)。


前菜は、鶏肉にオーロラソース?がのったもの

豚肉×トマト×もやしの炒め物、

胡麻×豆乳のスープ
icon12

ゴボウのチップスみたいなものが、鶏肉とオーロラソースの上にのっていて、

面白いな…と思ったface02

ちょっとしたアクセントが素材を引き立てることがままあるものだface02


オムライスのライスは、

そういうのは初めてだったけど、

玄米を使って、ほんのり醤油で味付けした程度で、

卵の仕上げ方もトロトロふわふわ系icon12

実はオムライスは、本当に大好きなんだけど、σ(^_^)は自分で作るということがほとんどないicon10

アンジェロのオムライスも、固定観念にとらわれない、

創作系のオムライス
だったけど、玄米ご飯というのがσ(^_^)としてはとても嬉しかったicon21


オムライス・CAFE+POM


今日も、ごっつぉさーん!



酒田市中町1-7-5
0234-23-8689
ランチ営業時間
平日11:30〜14:30
土日祝12:00〜15:00






  

Posted by olive at 07:48Comments(0)ランチ系