スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by んだ!ブログ運営事務局 at

2018年01月12日

松阪牛赤身ステーキ・鯛のアラ汁・ちくわ&きゅうり・きもどとコンニャクの味噌和え


(1/5)の晩のごっつぉ!

松阪牛赤身ステーキ・鯛のアラ汁・ちくわ&きゅうり・きもどとコンニャクの味噌和えicon12


松阪牛赤身ステーキ・鯛のアラ汁・ちくわ&きゅうり・きもどとコンニャクの味噌和え

松阪牛赤身ステーキ・鯛のアラ汁・ちくわ&きゅうり・きもどとコンニャクの味噌和え

松阪牛赤身ステーキ・鯛のアラ汁・ちくわ&きゅうり・きもどとコンニャクの味噌和え

松阪牛赤身ステーキ・鯛のアラ汁・ちくわ&きゅうり・きもどとコンニャクの味噌和え

松阪牛赤身ステーキ・鯛のアラ汁・ちくわ&きゅうり・きもどとコンニャクの味噌和え


松阪牛(まつさかうし)は、但馬牛の他、全国各地から黒毛和種の子牛を買い入れ、

三重県松阪市及びその近郊で肥育された牛で、品種としての呼称ではない。

また、よく言われる「日本三大和牛」なんだけど、

実はどの3銘柄が三大和牛なのかというのは決まっていない。

・「神戸牛(こうべビーフ)」

・「松阪牛(まつさかうし)」

・「近江牛(おうみぎゅう)」

・「米沢牛(よねざわぎゅう)」

の4つのうち、神戸牛と松阪牛、そして近江牛または米沢牛を指すのが一般的だ。


昨年末に、神戸牛サーロイン赤身を食べ比べてみた。

それに引き続いて、今回は松阪牛の赤身ステーキの登場となった。

赤身とはいえ、噛みしめる度に脂が充分すぎるほど滴って来る。

今回は、150gと前回より小ぶりだったもののこの大きさで満足だ。


色々食べ比べてはいるが、三大和牛は本当に特別な時にでいいと思う。

いわて和牛から食べ比べが始まったものの、

年に一度の誕生日レベルならいわて和牛で十分美味しい。

というか、いわて和牛の肉の味は、三大和牛に引けをとらない…

σ(^_^)の口がそう言っている。


今日も、ごっつぉさーん!

  


2017年12月29日

神戸ビーフサーロイン&柔らか赤身食べ比べのクリスマス(2)・ル・メランジュのクリスマスショートケーキ




神戸ビーフサーロイン&柔らか赤身食べ比べのクリスマス2日目(笑)。

今日は、柔らか赤身を食べることに。


だいぶ前にステーキを焼いたんだけど、その記憶によると

意外にウェルダンに焼いてしまうもの。

そういう意味からすると、こういう厚みのある赤身の肉の方が

焼きやすいような気がする。

ただ、厚みがあると火加減との格闘になる。失敗したくなくて、

時間があるというならば、水島弘史氏の低温・低速調理をオススメする。


といっても、最近は自分で料理することは、ほぼなくなったのだけれど…face02


神戸ビーフサーロイン&柔らか赤身食べ比べのクリスマス(2)・ル・メランジュのクリスマスショートケーキ

神戸ビーフサーロイン&柔らか赤身食べ比べのクリスマス(2)・ル・メランジュのクリスマスショートケーキ

神戸ビーフサーロイン&柔らか赤身食べ比べのクリスマス(2)・ル・メランジュのクリスマスショートケーキ


やはり、肉を味わうには「赤身」だ。肉そのものの香り・微妙な風味を味わうなら「赤身」に軍配。

この圧倒的なボリュームと質感…そして歯応え。地球を食い尽くすような錯覚さえ覚える。

うま~~~い!


肉を焼いた脂で作ってくれたガーリックライスも、これまた美味!


神戸ビーフサーロイン&柔らか赤身食べ比べのクリスマス(2)・ル・メランジュのクリスマスショートケーキ


デザートは、昨日の続き。

ル・メランジュのクリスマスショートケーキに、

カミさんが昨日残した赤ワインと

冷凍したおいた自宅産の苺でソースを作ってくれた。


これが、また絶品!

うまかった!


こうして贅沢なクリスマスの夜は更けていった…tree


今日も、ごっつぉさーん!


ル・メランジュ
鶴岡市みどり町28−11
10:00-19:00
定休日:水曜日



  


2017年12月28日

神戸ビーフサーロイン&柔らか赤身食べ比べのクリスマス(1)・ル・メランジュのクリスマスショートケーキ



臨時で入って来たものは、最初からなかったものとして、

σ(^_^)は贅沢に使う主義だ。

今回は、大きな年間の買い物をしてその特典として、

35000円分の楽天ポイントをゲットした。

その使い道として、最近色々食べ比べてみたいと思っていた

「和牛」icon28を攻めてみることにした。


どうせなら、日本三大和牛をということで、物色を開始。

ネームバリューからすると、「松阪牛」が筆頭になりそうだ。

どうにも検索するとこの「松阪牛」、冷凍品しかヒットしない。

楽天の外なら、「冷蔵」で販売するサイトもあるのだが、

今回は楽天の中で買うしかない。


そこで、矛先を「神戸ビーフ」に変更すると、幾つか「冷蔵」のサイトが見つかった。

部位を食べ比べてみたいという事で、今回はその中でも、創業は明治で四代にわたり

「神戸ビーフ」一筋という「辰屋」の「神戸牛サーロイン&柔らか赤身ステーキセット」

にすることにした。



1日目。まずはサーロインから。

サーロインも200gともなると迫力が違う。

脂を楽しみたいなら、やはりサーロイン。

写真でも分かる滴る上質の脂。

写真は撮らないでしまったが、

チリ産の「エミスフェリオ・カベルネ・ソーヴィニヨン」で合わせた。


神戸ビーフサーロイン&柔らか赤身食べ比べのクリスマス(1)

神戸ビーフサーロイン&柔らか赤身食べ比べのクリスマス(1)


クリスマスケーキは、H21年に鶴岡に開店した「ル・メランジュ」のクリスマスショートケーキcake

神戸ビーフサーロイン&柔らか赤身食べ比べのクリスマス(1)


なんとも、贅沢なクリスマスになったicon23


ちなみに、日本三大和牛とは、「神戸ビーフ」「松阪牛」「近江牛」または「米沢牛」のうちの

3銘柄を指すのが一般的なのだそうですが、正式には決まっていないのだそうだ。


今日も、ごっつぉさーん!



ル・メランジュ
鶴岡市みどり町28−11
10:00-19:00
定休日:水曜日






  


2017年12月17日

赤身ステーキ200g・ビフテキWadachi・ステーキ専門店・山形牛



前回、あまりに美味しかったので、12/9にビフテキWadachiをリピート足跡

先日気になった「赤身ステーキ200g」をチョイスicon14

スープ・サラダとも美味いのだけど、前回の「サービスステーキ」にも増して、赤身が美味い!

赤身といいつつも「脂身」が少しついてきていて、これがアクセントになってまた美味!


赤身ステーキ200g・ビフテキWadachi・ステーキ専門店・山形牛

赤身ステーキ200g・ビフテキWadachi・ステーキ専門店・山形牛

赤身ステーキ200g・ビフテキWadachi・ステーキ専門店・山形牛


今回は、商工会議所から臨時収入をいただいたので、それを胃袋に還元!

もう少し軍資金を工面して、今度は夜に来なくては(笑)。


今日も、ごっつぉさーん!


ビフテキWadachi (ワダチ)
0234-22-0280
酒田市中町2-1-18
11:30~13:30
17:30~23:30(L.O.)
定休日:月曜他


  


Posted by olive at 21:21Comments(0)和牛系

2017年12月10日

ビフテキWadachi・ステーキ専門店・山形牛・サービスステーキ・ハンバーガー・酒田




12/2、新メニューが、bq(ビーク)に載っていた「ビフテキWadachi」へ足跡

実は、先週も来てみたら臨時のお休みということで、1度フラてからのリベンジである。

1度機会を失うと、忘れてしまうこともあるのだが、今回は幸いそうならなかった。


bq(ビーク)に掲載されていた新商品の「ハンバーガー」が目的のひとつ。

先日の「いわて和牛」が、美味かったというのもあり、最近「和牛」も興味関心リストに入っているface02


今回は、「サービスステーキ」と「ハンバーガー」をチョイスicon28

ビフテキWadachi・ステーキ専門店・山形牛・サービスステーキ・ハンバーガー・酒田

ビフテキWadachi・ステーキ専門店・山形牛・サービスステーキ・ハンバーガー・酒田

さすがに、ステーキ専門店だけあって、肉の選び方・焼き方・ソースに至るまでパーフェクト!

今回初めての入店だったが、これは再度来店する勢いを感じたicon23

スープも温かく美味しいし、サラダの野菜の鮮度もバッチリ☆


ビフテキWadachi・ステーキ専門店・山形牛・サービスステーキ・ハンバーガー・酒田

ハンバーガーも、想像通りのボリューム!

パテは、山形牛×庄内豚の合い挽きだ!

食物繊維入りという自家製のバンズもポイントが高い。

壁のメニューにも一部カロリーが表示してあるなど、ヘルシーな部分にも気を使っている豆


今回も、半々でシェアして平らげだが、大満足という意見で一致!

また、近いうちに来ることになると思われる。


今日も、ごっつぉさーん!

ビフテキWadachi (ワダチ)
0234-22-0280
酒田市中町2-1-18
11:30~13:30
17:30~23:30(L.O.)
定休日:月曜他


  


Posted by olive at 18:00Comments(0)和牛系