2017年11月09日

つるおか食文化市場 FOODEVER・il fri sio (イル・フリージオ)・肉バルYaku禄



先日、7月にオープンしていたというから、4ヶ月遅れで「つるおか食文化市場 FOODEVER」へ。

ラジオや新聞からの情報は入って来るものの、あまりSNSで上がってこない模様。

姉も東京から遊びに来て、義兄が「FOODEVER」を知っていて食べたいというので、

そういう機会でもないとそうそう行けるものではない。タイミングよくきっかけができた。


報道でキャッチした情報の通り、ふむふむなるほど、見慣れない調味料がいろいろある。

日本酒も、庄内の十八蔵すべて揃っていて、月山ワインまで取り揃えてある。

つるおか食文化市場 FOODEVER・il fri sio (イル・フリージオ)・肉バルYaku禄

つるおか食文化市場 FOODEVER・il fri sio (イル・フリージオ)・肉バルYaku禄

確かラジオから聞こえてきた情報だっただろうか、オリーブオイルで食べる

創作握り寿司が気になって、σ(^_^)は「il fri sio (イル・フリージオ)」のそれを、

カミさんは「肉バルYaku禄」の「庄内豚のステーキプレート」チョイス。

いつも食べている量と大きさ・味の加減がすべてかけ離れていて、

期待とは裏腹な食後感だった。


つるおか食文化市場 FOODEVER・il fri sio (イル・フリージオ)・肉バルYaku禄

つるおか食文化市場 FOODEVER・il fri sio (イル・フリージオ)・肉バルYaku禄


ならばデザートと、σ(^_^)は「タルトタタン」カミさんは「ズコット」をチョイスした。

「タルトタタン」は、素材感が全面に出ていて美味しいと思ったが、

「ズコット」はもっと密度の濃いモノを期待していた。


つるおか食文化市場 FOODEVER・il fri sio (イル・フリージオ)・肉バルYaku禄


翌日、木村屋の「ズコット」をカミさんが買ってきてくれた。

うん、これは美味しい。

色々出歩くと、色んな味に出会えるものだ。


*食には人それぞれ好みがあるので、

記事としては辛口になったが、自分が感じたままに記載している。

あしからず。


今日も、ごっつぉさーん。
  


2017年10月19日

ロースかつ定食・平田牧場 とんや 酒田店




久しぶりに、「とんかつ」butaが食べたくなった。

数店舗ある中、酒田で「とんかつ」といえば、やはり「とんや」だろう。

今回は、ロースかつ定食icon12


ロースかつ定食・平田牧場 とんや 酒田店


何度食べても、三元豚・金華豚は、脂身が甘く諄さがなくて美味しい。

揚げたてでアツアツを衣サクサク、そして肉は箸で切れるほど柔らかい。

キャベツ・浅漬け・味噌汁・ご飯のおかわりが無料なのも嬉しいが、

待っている間ごまをすると、その香りがとても食欲を刺激する。


ロースかつ定食・平田牧場 とんや 酒田店


今回も、大満足icon21

相変わらず、お昼時は少し待つことになるが、美味しいものは

少し待つ位が丁度いい。


平田牧場 とんや 酒田店
酒田市みずほ2-17-8
ガーデンパレスみずほ 1F
0234-23-8011
11:30〜15:00 LO14:30
17:00〜21:30 LO21:00
定休日:不定休


  


Posted by olive at 20:49Comments(0)庄内の特産品系

2017年09月13日

焼きごどいもの塩辛のせ・飛島産ごどいも


この夏の食の思い出ブレイバック[part.1]icon23

8/4に食べた「焼きごどいもの塩辛のせ」icon12


「ごどいも」は、品種で言うと「男爵芋」。

北海道から種芋をもらって栽培したところ

飛島特有の気候のせいかホクホクのいもが出来たと言われている。

焼きごどいもの塩辛のせ・飛島産ごどいも

焼きごどいもの塩辛のせ・飛島産ごどいも

これを「塩辛」をのせてアツアツを頂く!

バター醤油もいいけど、「塩辛」でビールがσ(^_^)の好み。

今日も、ごっつぉさーん!  


Posted by olive at 19:03Comments(0)庄内の特産品系

2015年04月09日

イトヨ佃煮・切干大根煮・明太子たっぷり卵焼き・銀鮭山賊焼・ばんけ味噌・お弁当




今日のお弁当icon01

新年度が始まりました。

夏休みまで、旬を追いかけていけば、アッという間に過ぎていくのではないかと思いつつ…

切干大根煮

明太子たっぷり卵焼き

イトヨ佃煮

銀鮭山賊焼

ばんけ味噌(産直たわわで購入)


などicon12


イトヨ佃煮・切干大根煮・明太子たっぷり卵焼き・銀鮭山賊焼・ばんけ味噌・お弁当



今日もボチボチいきましょう足跡


  

2015年04月08日

最上川の川ますは、今が旬だ



鶴岡酒田

個人的には、鶴岡が好きなのだけれど、

酒田に住んでいる以上は、それがし複雑な心持ちなのであるface06


最上川河口域(赤川河口域・日向川・月光川も)は、

どうあがいても酒田のモノであるのだけれど、

やはり、鶴岡のだだちゃ豆温海かぶ酒田のモノという訳にはいかない(笑)


立地というか地の利によって、モノの味はどうしても左右されてしまうのだけれど、

そうであるなら、酒田市民

もう少し「川ます(桜ますが川に入ってきたもの)」のことを深く知るべきだし、

もっともっと、他地域にもアピールしないといけないと思う…hone

なぜなら、川ますとは酒田、飽海地区独特の表現であり、

鶴岡にはない文化だからだ…face06


切身・1切ざっくり千円オーバー(1尾なら〇万円)という価格からして、

その辺りの短角牛米沢牛とも引けをとらない稀少性だし、

産卵のために海から遡上してきて、徐々にその身体を淡水になじませつつ、

体力を蓄え身体に脂を蓄積していくことで旨みを増していくということや

地の利による緯度的最上川ならでは、というものも

少なからずその味と価値に関係しているのではないかと思うface02


先日のNHKのためしてガッテンでも、魚の味は脂と言いきっていたが、

同じDNAでありながら、ヤマメがあの通りの肉質で、

桜ますが格段に美味しいということを考えれば、

身の味は口にする餌に起因するものがとても大きいのである。


川の上流にいれば、水生昆虫などが主体になるが、

一旦に出れば、コアミやイワシ・ホッケなどの小魚など豊富に口にすることができるので、

魚体も、体長にして2~3倍程度、重さにしたら10~20倍にも大きくなれるし、

肉質・脂のノリも違ってくるのだろう…icon23


鮭と鱒とは似て非なるもので、

回帰性からすると、鮭は必ず産まれたその川に戻ってくると云われるが、

桜ますは、必ずしもその川に戻ってくるのではないと云われる。


また、最上川河口周辺でも特に酒田市新堀・落野目地区で獲れる川ますの味は格別

いう話が一般的でよく出てくるのだけれど、

最上川も漁業権が細かく設定されていて、

細かく云えば時期によっては新堀・落野目地区よりも下流の方美味しい時期もあるようだ。


漁師や釣りをしたことがある方なら、

雪代の多い日や春の雨の後に、ます川を上る性質であることを知っていると思うが、

これに田の代掻きが加わると、川ますは泥臭くなってしまい、

一通りの旬を終えてしまうと云ってもいいのではないかと思う。


と、前置きが長くなってしまったが、

この日は、たこ焼きを筆頭に生ハムユッケやら色々とごちそうになった~face02

そこにσ(^_^)の希望で、「川ます」を入れてもらったicon09

でつまむとホロッと崩れて、川ます独特の脂が口一杯に広がって…。


も進んで、満足・満足~face02


最上川の川ますは、今が旬だ



今日も、ごっつぉさーん!
  

2014年12月18日

升田かぶ漬けの試作






升田かぶについては、前述のとおりだが、

昨年の晩秋に、升田かぶの浅漬け(かなり薄くカットしたもの)を食べた記憶や

10月22日に現地へ行き、翌日調理してみて、

料理のしにくさを考えると、生野菜として流通しても

大多数の家庭では使いきれないとσ(^_^)は感じて、

おぼろげに、加工してもらう方法を模索していた。


で、直感でσ(^_^)は動いた。


σ(^_^)の頭の中には、3つほど候補にあったが、

(最初から、酒田の在来作物を鶴岡で加工は考えていない)

1社は、現在は漬物を製造していない様子だった。

最終的には、σ(^_^)の一番希望するところから試作して頂いたが、

升田かぶのことやその背景

そしてσ(^_^)の意図理解していただくまでに、

多少時間は必要で、

また、生産者も升田かぶ特徴を自らわかっていない部分もあり、

当然、製造者と生産者は視点も違うので、

手さぐりの部分がとても多かった。


(生産者には製造者の希望を、製造者には生産者の希望を伝えて)

規格企画もない中で、まずやってみるfutaba


生産者は、製品になって初めてわかることがある。

生産した作物を誇りに思うことは、とても大切だけれど、

どうやったら、美味しい漬物になるかという視点で生産してはいない訳だから、

来年、この試作からまた一歩進んでいけるとしたら、

とても大きな収穫だと思う。


製造者も、σ(^_^)が無理なことも云ったので、

最初は乗り気ではなかった部分もあったが、

未知の素材を、漬けてみて、食べてみて、

升田かぶ味の引き出しの深さを感じたのではないかと思う。


σ(^_^)の周りにも少しおすそ分けしたりして、

少しずつ感想を集めて、

例えこの先うまく軌道にのらなくても、

感想・意見を集約して、

生産者と製造者フィードバックするつもりだ。


行政の考えるその道のルート料理人さんだけでは、

升田かぶは酒田の方々に広がっていかないような気がする

(料理人がこんな変わった素材を使っているんだという主張としてはあると思うが、)


当初から思っていたことは、

「今年、試作できなかったら、来年の秋まで待たなくてはならない」

ということ。

時間がない中でやるのは、百も承知だ。


今年できなくても、

1年後でも出来ると思ってしまったら、

果たして、1年後に本当にそれが出来ているだろうか…。



いずれにしても、

今試作していただいた「升田かぶ甘酢漬け」の味は、

今まで食べたあらゆる在来作物のかぶの中でも秀逸で、

あの温海かぶの甘酢漬をも超えてしまったのではないかと思うのだ。
  

2014年10月25日

升田かぶ・藤沢かぶ・宝谷かぶ・温海かぶ・平田赤ねぎ・食の都庄内



σ(^_^)は、研究者ではないので、詳細はその道の方にゆだねることにして、

山形県には、在来のカブが20種類ほどあり、最近30年9種が消滅したと

書物には記載があります。


カブ大根の違いはどこにあるのでしょう?

カブ(アブラナ属) 大根(ダイコン属)
可食部分 軸。根はカブの下にチョロットある。 根っこ
黄色 白、薄いピンク。
小さいく丸粒 大粒



カブほど、東北人・山形人・庄内人の生活を支え

救ってきた作物はないと思うのですが、

今、本当のカブの歴史も知らずに、スルーしてしまうのは、少しもったいないな、と思うのです。


は本来、冷害に弱い作物です。

今でも品種改良は行われていますが、背丈の高さもあって、冷夏や台風には弱いのが特徴です。

また、盆過ぎに種を撒いて、2ヶ月ほどで収獲できるのが、カブの特徴です。

例え冷害の年であっても、米の収穫減を補えるのが、在来のカブが残っている理由ひとつです。

漬物や土の中に埋めておけば、ひと冬はゆうに保存がききますし、栄養のバランスもよい。

そんなカブから、飢饉の年に、私達の先祖は少なからず恩恵を受けて来たに違いありません。


「温海かぶ」は、甘酢漬けを中心に絶大な人気があり、

「だだちゃ豆」の次に有名な庄内の在来作物の秋から冬のエースなのだと思います。

(生産者さんの高齢化など、色々な問題はありますが…)


「宝谷かぶ」も、「宝谷蕪主会(ほうやかぶぬしかい)」があり、

「蕪券(かぶけん)」と呼ばれるチケットを購入して、1年間「蕪主(かぶぬし)」となり、

焼き畑の火入れ、播種や収穫など、カブ栽培を支えています。


「藤沢かぶ」は、鶴岡の本長さんという老舗が、

藤沢かぶの甘酢漬けを商品化していて根強い人気があります。

平成2年当時、鶴岡市藤沢地区で、ただ一人栽培していた絶滅寸前の藤沢かぶ

を復活させたというストーリーがあります。

(藤沢周平とは、相関がないようですが、何か逸話はあるかもしれません。)


上の3つは、いずれも鶴岡のカブです。


さて、酒田の「升田かぶ」生産者現在6名で、σ(^_^)から見ても、かなり小規模。

生産者代表の村上さんも、一般に出荷するのが難しいと云っているほどです。

それでも、八幡の「産直たわわ」では、10月下旬から11月初旬の間に、

足しげく通うと、買えるかもしれません。


しかし、粘着質の赤土のたっぷりついた…

それを差し引いても、一般の白カブより食べられるところも少なく、

曲がっていて、切りにくい・料理しにくい「升田カブ」

昨年初めて漬物になったものを食べましたが、サクサクと食感もよく、

宝谷カブにとてもよく似ていて、煮ても漬けてもマリネにしても美味しいカブです。


現在は、行先が丸裸の状態で、料理人やシェフにその販路を求めているところです。

そんな「升田カブ」の存在を酒田の方・庄内の方には、まずは知っていただきたい。


今の野菜のほとんどは、毎年海外から種を輸入しているのです。

食糧自給率40%とはいうものの、種を輸入しているようでは、

実質の自給率は、20~30%と云ったところではないでしょうか?

しかし、在来作物は違います。

本来の農の姿、種を伝承しているのです。


土付きの野菜を洗っても

曲がってて調理しにくくても

味の濃い本来の味のする野菜。

それを食べて守っていこうとする味方今必要です。


「食の都庄内」というものの、

一部のシェフや関係者の方だけの動きになっているのは否めないと思います。

これから出てくる「平田赤ねぎ」も、同じです。


酒田は、鶴岡に比べると、その辺りあまり上手とは云えないのが今までです。

これから先、心ある方のご支援をよろしくお願いしたいと思いますface02



参考調理してみた記事はこちら



升田かぶ・藤沢かぶ・宝谷かぶ・温海かぶ・平田赤ねぎ・食の都庄内


升田かぶ・藤沢かぶ・宝谷かぶ・温海かぶ・平田赤ねぎ・食の都庄内


升田かぶ・藤沢かぶ・宝谷かぶ・温海かぶ・平田赤ねぎ・食の都庄内




UW


  


2014年10月23日

升田かぶ×升田かぶの葉×人参×タコのレモン塩マリネ 升田かぶそぼろあんかけ うずら×ちくわのクルクル お弁当



今日のお弁当icon01

升田かぶ×升田かぶの葉×人参×タコのレモン塩マリネ

升田かぶそぼろあんかけ

うずら×ちくわのクルクル


などicon12


升田かぶ×升田かぶの葉×人参×タコのレモン塩マリネ 升田かぶそぼろあんかけ うずら×ちくわのクルクル お弁当



今日もボチボチいきましょう足跡


UW  

2014年08月18日

だだちゃ豆・ごどいもの塩肉じゃが・庄内産真鯛・南禅寺・黒森産味平かぼちゃ煮・お盆のご馳走



外食にしようか作ろうか迷っていたんだけど、作る方を選んだicon22

妹夫婦は、お盆の時期、年に一度はウチを含め、秋田の親戚などを回り、

挨拶を兼ね車で移動するのが、毎年の恒例行事になっているicon17


子供の頃は、お盆正月には親戚が集まって、

を酌み交わしている…そんな風景が日常だったけれど、

親戚同士の付き合いも、結構淡泊になってきているような気がする。


酒を呑むためには、料理が必要だicon21

外に出ていけば、帰りの段取りも必要で(片付けの必要はないが)、

やはり、家呑みの方がゆっくりできるような気がする豆


昨年まで3年間は市内のホテルに泊まってもらったり、

秋田の親戚に泊まってもらったりしていたが、

今回は泊まってもらうことになったface02


だだちゃ豆

だだちゃ豆・ごどいもの塩肉じゃが・庄内産真鯛・南禅寺・黒森産味平かぼちゃ煮・お盆のご馳走

だだちゃ豆・ごどいもの塩肉じゃが・庄内産真鯛・南禅寺・黒森産味平かぼちゃ煮・お盆のご馳走


飛島産ごどいもと庄内豚の塩肉じゃが

だだちゃ豆・ごどいもの塩肉じゃが・庄内産真鯛・南禅寺・黒森産味平かぼちゃ煮・お盆のご馳走

だだちゃ豆・ごどいもの塩肉じゃが・庄内産真鯛・南禅寺・黒森産味平かぼちゃ煮・お盆のご馳走


庄内産真鯛、宮城産鯵の刺身

だだちゃ豆・ごどいもの塩肉じゃが・庄内産真鯛・南禅寺・黒森産味平かぼちゃ煮・お盆のご馳走

だだちゃ豆・ごどいもの塩肉じゃが・庄内産真鯛・南禅寺・黒森産味平かぼちゃ煮・お盆のご馳走

だだちゃ豆・ごどいもの塩肉じゃが・庄内産真鯛・南禅寺・黒森産味平かぼちゃ煮・お盆のご馳走


なめろう

だだちゃ豆・ごどいもの塩肉じゃが・庄内産真鯛・南禅寺・黒森産味平かぼちゃ煮・お盆のご馳走


南禅寺豆腐

だだちゃ豆・ごどいもの塩肉じゃが・庄内産真鯛・南禅寺・黒森産味平かぼちゃ煮・お盆のご馳走


黒森産味平かぼちゃ煮

だだちゃ豆・ごどいもの塩肉じゃが・庄内産真鯛・南禅寺・黒森産味平かぼちゃ煮・お盆のご馳走


寿司類は購入

だだちゃ豆・ごどいもの塩肉じゃが・庄内産真鯛・南禅寺・黒森産味平かぼちゃ煮・お盆のご馳走

だだちゃ豆・ごどいもの塩肉じゃが・庄内産真鯛・南禅寺・黒森産味平かぼちゃ煮・お盆のご馳走


まぁ、料理以外に、掃除や布団の準備など、

ひとりでも、何とかなるもんだな…icon23


今日も、ごっつぉさーん!


UW


  


2014年04月24日

うるいと酢味噌・新玉ねぎとコーンとハムのサラダ・銀鮭味醂漬焼



今日のお弁当icon01

「うるいと酢味噌」「新玉ねぎとコーンとハムのサラダ」「銀鮭味醂漬焼」など…icon12



うるいと酢味噌・新玉ねぎとコーンとハムのサラダ・銀鮭味醂漬焼



今日もボチボチいきましょう足跡